これまでにワントップが手掛けた施工事例です。
概算費用も掲載していますのでご参考にしてみて下さいね。

«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ... || Next»
鏡・テーブルガラス> 価格表  施工事例


壁一面貼りも良いですがワンポイントで細長い鏡もオシャレでキレイです
神奈川県横浜市HD様邸


■■使用製品■■
旭硝子 サンミラー5ミリ

※ワントップでは日本板硝子製品も同様に取り扱っております。

HD様邸リビングミラー施工前1
施工前

HD様邸リビングミラー施工後1
施工後


広々としたマンションのリビングルームの壁面に、ワンポイントで細長いミラーが貼られているととてもおしゃれな感じがします。壁面一杯に大きくミラーを貼るのも、とてもゴージャスな感じが出て良いのですが、横方向、あるいはタテ方向に細長いミラーがあまり存在を主張せずにスッと貼られているのは、インテリアとしてとてもお洒落でございます。まるでスリット状の窓でも有るかのように、なにげに存在する感じですね。

今回のHD様邸の施工例はまさにそのようなリフォーム事例です。横浜市の山手にほど近いご新築のタワーマンション。そもそも元からリビングはとても広いお住いだったのですが、目線の高さあたりに横方向に細長い鏡を取り付けることによって、景色が反射して広々と見えるようにしたいといったご要望を頂いて、リビングルームの端から端まで、横に細長い鏡を2分割で貼り付けました。横幅2メーター強、高さ60センチほどのミラーを2枚横並びに貼っていきます。

HD様邸リビングミラー施工前2
施工前

HD様邸リビングミラー施工後2
施工後


外の景色が写り込んで、このくらいの細長いミラーでもお部屋に広がりを感じさせます。手前みそですが、まるでモデルルームのような仕上がりになり、お施主様にも大変お喜び頂けました。日中の明るい時間帯も自然光を反射してリビングルーム内は大変明るく、気持ちの良い空間に感じられますが、夜になるとリビングのLEDスポットライトの淡い光を反射して、これまた得も言われないオシャレ感が出ます。
鏡・テーブルガラス> 価格表  施工事例


21ミリ幅の面取り鏡でゴージャスになった玄関ホール
神奈川県横浜市UD様邸


■■使用製品■■
旭硝子 サンミラー5ミリ

※ワントップでは日本板硝子製品も同様に取り扱っております。

UD様邸玄関面取りミラー1


横浜市のマンションにお住いのUD様邸で、玄関の壁に大型のミラー貼り付け施工を実施させて頂きました。横幅は1m強、高さは2m強というサイズで、鏡の縁には21ミリ幅の面取り加工が施されています。横浜市内の傾斜地に建つマンションだったため、搬入口のエントランス付近も地面がだいぶ傾斜しており、搬入する際には足元に注意を払いながらの搬入作業となりました。

今回のミラーは玄関ホールの大理石巾木の上から、天井まで目一杯のサイズでしたので、玄関ドアから室内へミラーを搬入する時も、かなり神経を使いました。少しでもどこかにミラーの角、縁が当たってしまえば、すぐに欠けたり割れたりしてしまいます。もちろんそのような事がないように、しっかりと養生はするのですが、それでも搬入時には緊張します。

室内の寸法にピッタリと納まる鏡は、やはりキレイですね。ピッタリ納まるというのが、オーダーミラーの一番のアドバンテージです。IK●A、ニ●リなどの量販店で扱われている既製品のウォールミラーも、ローコストである割にオシャレ感があって良いですが、オーダーサイズには対応していません。

鏡の縁にはダイヤカット、面取りなどと呼ばれる傾斜加工を施してありますが、面取りの幅は15ミリ、18ミリ、21ミリ、24ミリというように、3ミリ刻みでお好みに合わせてお選び頂けます。やはり面取りの幅が広いほうがより高級感があって、見栄えもすると思います。




非常に分かりにくいですが縁の面取り部分を拡大した画像

UD様のミラー面取り部分


また、壁の途中にコンセントや照明のスイッチなどがある場合には、鏡に四角く穴をあけてそれらを避けるようにしたり、天井近くの梁などがあっても、鏡の一部を切り欠いたり、えぐったりして壁面ピッタリにミラー貼りする事も可能です。
鏡・テーブルガラス> 価格表  施工事例


風水で重要らしい鏡
マンション玄関にオーダーミラー貼り施工をさせて頂きました。
東京都江東区KI様邸


■■使用製品■■
旭硝子 サンミラー5ミリ

※ワントップでは日本板硝子製品も同様に取り扱っております。

KT様玄関ミラー施工前
施工前

KT様玄関ミラー施工後
施工後


東京都江東区のタワーマンションにお住まいのお客様から、玄関の壁への鏡貼り工事をご依頼頂きました。サイズ的には横幅が1メーター弱、高さは2メーター少しといった標準的なサイズです。鏡には既製品、規格サイズというものはありませんので、どのような場合でも各々の現場に合わせて鏡をお作りする、いわゆるオーダーメード対応となります。今回の施工でも、事前に玄関の巾木の上から天井までの寸法を実測させて頂き、1週間ほどお時間を頂戴して鏡を製作致しました。

今回のお施主様は運気を上げる風水を取り入れておられ、私共は正直あまり風水には詳しくないのですが、なんでも風水で、鏡は「水」の意味を持つと言われているそうで、住まいの運気を上げる、エネルギーを与える、気の欠けを補う、気の向きを変える、あるいは悪い気を跳ね返したりするといった効果があるとの事。しかし使い方を誤ると逆効果になる事もありえるそうなので難しいですね・・・・・。今回お施主様のご意向で施工の日取りから、鏡を貼る向き、位置などなど事細かにお打ち合わせさせて頂きました。玄関に入って正面は避ける、窓の正面は避ける、合わせ鏡はダメ、といった基本的なルールがあるそうですが、当然そういった点にも気を配りました。

風水上、玄関とは明るく広々と見せたほうが良いとされていて、その意味でも鏡を貼るという事は、ドアを閉めている時は照明光を反射し、ドアを開ければ室外からの光を反射して、とても明るく広々とした印象を与える効果をもたらします。

«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ... || Next»
マンション管理組合様、マンションオーナー様へ
SSL グローバルサインのサイトシール
このサイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。

JNB-J振
JNB口座をお持ちのお客様は、こちらのロゴをクリックすることで簡単にお振込みいただけます。

Twitterを御利用のお客様は、こちらのロゴをクリックすることで簡単に記事を共有いただけます。

にほんブログ村 住まいブログへ