これまでにワントップが手掛けた施工事例です。
概算費用も掲載していますのでご参考にしてみて下さいね。

«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ... || Next»
サッシ・ドア交換 > およその価格表 施工の流れ 施工事例 サイズの測り方

バスルーム、洗面、トイレなど水周りのドアや折り戸はトラブルが多いです
東京都目黒区FGマンション様


■■使用製品■■
リクシル ロンカラー浴室用ドア


FGマンション浴室ドアカバー工法交換前
施工前

FGマンション浴室ドアカバー工法交換後
施工後


浴室、ユニットバスルームの入口はトラブルが多い箇所です。浴室用の片開きドアや中折れ戸、引戸など形態は色々ですが、やはり水まわりなのでサッシの部品がサビたり、腐食しやすく、何かとトラブルが起こるのですね。一番多いのはドアノブが回らなくなったというトラブル。パネル、ガラスの割れ、中折り戸の扉自体が枠からの脱落も大変多いです。サッシメーカーから部品が取り寄せ出来れば良いのですが、たいがい結構な年代が経っていて、もうドアノブや折り戸滑車などの純正部品が調達できないというケースも。

今回の目黒区FGマンション様でも、旧式の浴室ドアをお使いでしたが、カギが腐食してドアノブが取れかかってしまっており、ドアを吊っている蝶番も錆びていて開閉の動きがとても固いという症状が発生しておりました。もう純正の部品はとうに入手出来ません。このような場合はカバー工法で枠ごと取り替えるしか方法がありません。元々のドア枠寸法より、一回り小さいドア枠を取付けるので、若干開口寸法が狭くなります。

また、年代が古い浴室ドアや中折れ戸は、ガラスがはめ込まれている事が多いのですが、ガラスは重たいため、これが蝶番や吊り滑車に負荷をかけてしまうのです。最近の浴室用のドアは、樹脂製のパネルを使用しているため、とても軽くなっています。蝶番などの吊り部品が長持ちするだけでなく、万一パネルが割れてもガラスのような危険性はありません。
サッシ・ドア交換 > およその価格表 施工の流れ 施工事例 サイズの測り方

内部がよく見えるガラスドアのほうがお客さんは入りやすい??
千葉県船橋市OY様


■■使用製品■■
リクシル クリエラガラスドア
日本板硝子 防犯合わせガラス「セキュオ」


OY様ガラスドア交換前
施工前

OY様ガラスドア交換後
施工後


お店、オフィス、事務所などの入口ドアがガラスの無い全く向こうが見えないタイプだと入りにくい、敷居が高いと感じる事たしかにありますね。不特定多数のお客様相手が入ってこられる店舗を運営されているクライアント様から、ガラス入りのドアに交換出来ないか、あるいは現在のドアはそのまま残して、内開きのドアを別個に付けられないか、といったご相談をよく頂戴します。新規開店のかたもいらっしゃいますし、これまで何年かそこでビジネスをされてきたかたもいらっしゃって色々です。

今回の事例も元々の外に開く既存のドアはスチール製のフラッシュドアだったため、閉じていると中の様子がまったく見えないドアでした。これからマッサージ店を開業されるお客様からのご依頼でしたが、既存のドアは残して、内側に開くシースルーのガラスドアを室内側に取り付けて欲しいというご要望でした。新設ドア枠の取付けスペースさえあれば、ドアの設置は可能は可能ですが、よく問題となるのがドアノブ同士がぶつかってしまうという点です。

通常はドアノブがドアの表面から一番出っ張っている部品となります。内外に付いているドアを両方とも閉めようと思えば、たいがいドアノブ同士が当たってしまいます。これはもう運用でなんとかするしかないのですが、どちらか片方のドアは常に開放しておく、というやり方ですね。既存の室外のドアを閉じたい時(退店時など)は、新設の室内ドアは開放しておき、逆に室内ドアを閉じたい時には、既存の室外のドアを開放しておくという方法です。どちらか片方のドアが閉じている時に、風にあおられるなどしてもう片方のドアが勢いよく閉じるような事があると、ガラス破損につながりますので、気を付けなければなりません。

また、お店やオフィスですとお住い以上に防犯対策にも気を配らないといけません。ガラスを壊せば室内側のカギに手が届き、ドアを開けられてしまいますので、空き巣・泥棒対策としてガラス破りに時間がかかる防犯用の合わせガラス「セキュオ」や「セキュレ」などの防犯性の高いガラスをお勧めしております。表面強度のある強化ガラスよりも、やはり防犯対策には防犯用のガラスですね。
サッシ・ドア交換 > およその価格表 施工の流れ 施工事例 サイズの測り方

カバー工法撤去工法に比べ価格的にも安く、工期的にも早い!
東京都世田谷区N様邸


■■使用製品■■
リクシル ビルサッシPRO-SE
日本板硝子 防犯合わせガラス「セキュオ」


N様邸サッシカバー工法交換前1
施工前

N様邸サッシカバー工法交換後1
施工後


外窓交換、いわゆるサッシの交換にはカバー工法と呼ばれる方法がポピュラーです。現在ご使用中の既存アルミサッシ枠を取り外すことなく、その上から新しく少し小さめのアルミサッシ枠を取り付ける工法です。既存サッシ枠を撤去するリフォームに比べて、外壁やサッシ枠の解体撤去がないため、騒音やほこりの発生を抑えられますし、お部屋に居ながら、使い続けながらサッシのリフォームが可能です。施工のスピードも早いので、工期が短く済むという長所もあります。また、何より撤去工法に比べますとコストが安いです。

外窓交換の理由、動機には色々なケースがありますが、もっとも多いのは既存サッシの動きが悪く、開けたてに苦労しているけれども、もう純正の戸車が入手できないために、軽々と動かせるサッシに取り替えたいというものです。あとは外から入ってくる騒音を食い止めたい、逆に室内から出る音を抑えたいといった防音の目的や、窓からの冷気、熱気を軽減して、結露を防止したいといった断熱の目的の場合もあります。既存サッシが古ければ古いほど、カバー工法ではサッシ枠、ガラス、障子がそっくり最新のスペックの物に替わりますので、これらの目的を叶えるために適した工法と言えます。

東京都世田谷区のN様邸でも、既存サッシが30年以上経った旧式の物をご使用中で、建て付けが狂い、戸車も減ってとても動かしにくく、すき間風も入ってしまっていました。同時に防音、防犯、結露の対策としてもサッシを新しく取り替えたいというご意向で、3階建ての建物内ほとんど全部のアルミサッシ窓をカバー工法で交換させて頂きました。お部屋ごとに重視するポイントが少しづつ違うため、サッシに使用するガラスの品種を防音向き、防犯向き、結露断熱向きと変えることで対応します。今回の画像にある窓は、裏側の人目につかない小さい引違いを、開けることが出来ないFIX(はめころし)に取替えて、ガラスも防犯用の合わせガラス「セキュオ」にするという、まさに防犯向きの改修です。大き目のタテ長FIXのほうは、新しい枠もFIXで枠をリニューアルし、防犯合わせガラスをはめ込みました。

N様邸サッシカバー工法交換前2
施工前

N様邸サッシカバー工法交換後2
施工後


カバー工法では、このように引違いからFIXへも、またFIXからFIXへも取替えがききます。窓の種類を選ばずにサッシを取り替えられますので、逆にこれまで開けることが出来なかったFIX窓を、開けられる窓にする事も可能です。

以前のカバー工法では、既存サッシ枠に比べて、新設サッシ枠のサイズ・開口寸法がそれなりに縮まってしまったのですが、最近のカバー工法では取り付け方がだいぶ工夫されて、開口寸法をあまり縮めずに済みますので、採光面・通風面でスペックが落ちるという事もありません。

また、外窓交換は東京都が実施する「既存住宅における高断熱窓導入促進事業」という名の、窓断熱リフォーム補助金の対象工事となっています。この制度は都内の既存住宅における高断熱窓の導入を促進し、都内のエネルギー消費量の約3割を占める家庭部門の省エネルギー対策を推進していくため、既存住宅に高断熱窓を設置した都民等に、その費用の一部を助成するというものです。断熱性のあるガラスを使用するなど、一定の要件を満たせば工事に係る経費の6分の1が助成金として支給されます。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ... || Next»
マンション管理組合様、マンションオーナー様へ
SSL グローバルサインのサイトシール
このサイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。

JNB-J振
JNB口座をお持ちのお客様は、こちらのロゴをクリックすることで簡単にお振込みいただけます。

Twitterを御利用のお客様は、こちらのロゴをクリックすることで簡単に記事を共有いただけます。

にほんブログ村 住まいブログへ