これまでにワントップが手掛けた施工事例です。
概算費用も掲載していますのでご参考にしてみて下さいね。

«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ... || Next»
サッシ・ドア交換 > およその価格表 施工の流れ 施工事例 サイズの測り方

カバー工法撤去工法に比べ価格的にも安く、工期的にも早い!
東京都世田谷区N様邸


■■使用製品■■
リクシル ビルサッシPRO-SE
日本板硝子 防犯合わせガラス「セキュオ」


N様邸サッシカバー工法交換前1
施工前

N様邸サッシカバー工法交換後1
施工後


外窓交換、いわゆるサッシの交換にはカバー工法と呼ばれる方法がポピュラーです。現在ご使用中の既存アルミサッシ枠を取り外すことなく、その上から新しく少し小さめのアルミサッシ枠を取り付ける工法です。既存サッシ枠を撤去するリフォームに比べて、外壁やサッシ枠の解体撤去がないため、騒音やほこりの発生を抑えられますし、お部屋に居ながら、使い続けながらサッシのリフォームが可能です。施工のスピードも早いので、工期が短く済むという長所もあります。また、何より撤去工法に比べますとコストが安いです。

外窓交換の理由、動機には色々なケースがありますが、もっとも多いのは既存サッシの動きが悪く、開けたてに苦労しているけれども、もう純正の戸車が入手できないために、軽々と動かせるサッシに取り替えたいというものです。あとは外から入ってくる騒音を食い止めたい、逆に室内から出る音を抑えたいといった防音の目的や、窓からの冷気、熱気を軽減して、結露を防止したいといった断熱の目的の場合もあります。既存サッシが古ければ古いほど、カバー工法ではサッシ枠、ガラス、障子がそっくり最新のスペックの物に替わりますので、これらの目的を叶えるために適した工法と言えます。

東京都世田谷区のN様邸でも、既存サッシが30年以上経った旧式の物をご使用中で、建て付けが狂い、戸車も減ってとても動かしにくく、すき間風も入ってしまっていました。同時に防音、防犯、結露の対策としてもサッシを新しく取り替えたいというご意向で、3階建ての建物内ほとんど全部のアルミサッシ窓をカバー工法で交換させて頂きました。お部屋ごとに重視するポイントが少しづつ違うため、サッシに使用するガラスの品種を防音向き、防犯向き、結露断熱向きと変えることで対応します。今回の画像にある窓は、裏側の人目につかない小さい引違いを、開けることが出来ないFIX(はめころし)に取替えて、ガラスも防犯用の合わせガラス「セキュオ」にするという、まさに防犯向きの改修です。大き目のタテ長FIXのほうは、新しい枠もFIXで枠をリニューアルし、防犯合わせガラスをはめ込みました。

N様邸サッシカバー工法交換前2
施工前

N様邸サッシカバー工法交換後2
施工後


カバー工法では、このように引違いからFIXへも、またFIXからFIXへも取替えがききます。窓の種類を選ばずにサッシを取り替えられますので、逆にこれまで開けることが出来なかったFIX窓を、開けられる窓にする事も可能です。

以前のカバー工法では、既存サッシ枠に比べて、新設サッシ枠のサイズ・開口寸法がそれなりに縮まってしまったのですが、最近のカバー工法では取り付け方がだいぶ工夫されて、開口寸法をあまり縮めずに済みますので、採光面・通風面でスペックが落ちるという事もありません。

また、外窓交換は東京都が実施する「既存住宅における高断熱窓導入促進事業」という名の、窓断熱リフォーム補助金の対象工事となっています。この制度は都内の既存住宅における高断熱窓の導入を促進し、都内のエネルギー消費量の約3割を占める家庭部門の省エネルギー対策を推進していくため、既存住宅に高断熱窓を設置した都民等に、その費用の一部を助成するというものです。断熱性のあるガラスを使用するなど、一定の要件を満たせば工事に係る経費の6分の1が助成金として支給されます。
サッシ・ドア交換 > およその価格表 施工の流れ 施工事例 サイズの測り方

カバー工法で玄関ドアを取替え。防犯性もアップします。
東京都品川区II様邸


■■使用製品■■
リクシルリフォーム用玄関ドア リシェント


品川区のII様邸の玄関ドアはもともと表面が鋼板(鉄板ですね)で出来たドアで、表面がサビによってグサグサに腐ってしまっており、ドアを開閉するたびにポロポロと錆びが落ちてしまう状況でした。加えて既存のドア錠前は、かなり世代的に古い防犯性に劣るタイプが付いていて、お施主様のご希望で最新式の防犯性能の高い錠に替えたいというご希望もありました。玄関ドアの交換には大きく分けて2通りのやり方があります。一つはドア枠は替えずに、ドア本体だけを交換するやり方。もう一つは新しいドア枠を旧枠にかぶせて替え、一緒にドア本体も交換するカバー工法というやり方です。

ドア本体だけを交換する場合は、古いドア枠をそのまま使用しますので、ドア本体だけが真新しくなり、ドア枠は古いままの状態で見えてしまうというデメリットがあります。当然腐蝕が進んだようなドア枠では、強度が保てませんので、この方法は合いません。コスト的には比較的ローコストに抑えられる方法です。一方、今回も採用したカバー工法では、古いドア枠を隠すように新しいドア枠をかぶせますので、ドア枠・本体とも全体的に新しくなります。ドア本体だけの交換に比べれば、コストはそれなりに掛かります。ドアの断熱性能も4段階から選ぶことができますし、錠前もカードキー、タッチキーなどの電気錠も選べます。もちろん通常の手動錠もあります。ドアカラーもアルミ系の色から、重厚感のある木目調まで揃っています。

今回のII様邸では、ご予算の関係上もっともローコストなタイプをお選び頂きました。既存ドアには袖FIX、ランマFIXが付いており、それらを撤去して全交換する事も出来るのですが、やはりご予算の関係で、今回は開閉するドア部分だけをカバー工法で交換させて頂きました。

カバー工法の特徴の一つに工期の短さが挙げられます。従前はドア枠を躯体から取り外しての交換工事が主流でしたが、ドア交換後の壁補修なども含めると数日掛かる事もありました。カバー工法ではわずか数時間のうちに工事が終わりますので、朝から作業を開始して、お昼過ぎには玄関ドアが一新されているといった感覚です。

II邸リシェント玄関ドア取替え前
施工前

II邸リシェント玄関ドア取替え後
施工後
サッシ・ドア交換 > およその価格表 施工の流れ 施工事例 サイズの測り方

引き違いアルミサッシをカバー工法で取替え
LowE複層ペアガラスを入れて結露も防止出来ます
東京都目黒区区IA様邸


■■使用製品■■
YKK かんたんマドリモ


IA様サッシカバー工法交換前1
施工前

IA様サッシカバー工法交換後1
施工後


目黒区のIA様邸では、子供部屋の引き違いサッシをカバー工法で新しく取替えました。もともとのサッシ、ガラスは単板硝子入りの断熱効果が薄いタイプで、お子様の勉強机、ベッドの前がとても寒く、暖房をつけるとすぐに窓に結露が付いてしまう状況でした。サッシの気密ゴムパッキンも劣化しており、すき間風も入ってきていました。

YKKのかんたんマドリモという、比較的短時間でサッシ交換が出来るリフォーム用サッシで、古いサッシ枠を覆い隠すように新しいサッシ枠をかぶせて取り替えます。ガラスはより高断熱なLowE複層ガラスや真空ガラススペーシアなども選択可能ですが、今回のIA様邸ではLowE複層ガラス入りとしました。窓の前も寒くなくなり、加湿器をたいても結露がほとんど出なくなりました。また、以前はサッシを開けるのに力を込めて引っ張らないと開かなかったのですが、開閉感もとても軽くなって、お子様にも喜んで頂けました。
IA様サッシカバー工法交換前2
施工前

IA様サッシカバー工法交換後2
施工後
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ... || Next»
マンション管理組合様、マンションオーナー様へ
SSL グローバルサインのサイトシール
このサイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。

JNB-J振
JNB口座をお持ちのお客様は、こちらのロゴをクリックすることで簡単にお振込みいただけます。

Twitterを御利用のお客様は、こちらのロゴをクリックすることで簡単に記事を共有いただけます。

にほんブログ村 住まいブログへ