これまでにワントップが手掛けた施工事例です。
概算費用も掲載していますのでご参考にしてみて下さいね。

«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ... || Next»
バルコニー・バルコニー屋根 > およその価格  施工の流れ  施工事例

ポリカボネート板は防風や目隠しスクリーンとして活用できます
東京都大田区HS様


■■使用製品■■
ポリカボネート板 クリア5ミリ


HS様ポリカボネート板防風スクリーン1


東京都大田区のHS様のお住いは2階建ての木造住宅ですが、傾斜地に建っているために、建物の南側と西側が遮るものがない吹きっさらしの状態で、よく洗濯物を飛ばしてしまっているそうです。2階南面のバルコニーの陽当たりは抜群、眺望もよく、建物の前がオープンな状態なのはとても良いことなのですが、地形的な理由なのか、とにかくよくバルコニーの左右の方向から風が抜けて、外にはあまり物も出しておけないということでした。

サンルームとかバルコニー囲いという商品名で、アルミ製の風除室が商品化されていますが、そういった後付けの商品は金額も結構張ります。サンルームの工事など、数十万円から100万円オーバーなんてこともザラにあります。今回のHS様からのリクエストは、とにかく簡便にバルコニーの左右面を風が抜けないように塞ぎたい、というものでした。そこで最低限の防風スクリーン工事ということで、ポリカボネート板でバルコニーの両側面を塞ぐというリフォームを実施しました。

HS様ポリカボネート板防風スクリーン2


既存バルコニーの手摺りをフレームとして活用し、アルミ部材で枠を制作してポリカボネート板をはめ込んでいきます。ガラスでも良いのですが、割れ・破損の恐れがあることから、より強度のあるポリカボネートを使用しました。ポリカ板は表面強度がとても有るので、少々物がぶつかっても壊れません。今回は左右の両側面だけを塞ぐ工事でしたが、正面にサッシを付けたり、腰から下の格子部分をポリカボネートで塞いだりといった事も可能です。
カテゴリー: エクステリア
にほんブログ村 住まいブログへ
バルコニー・バルコニー屋根 > およその価格  施工の流れ  施工事例

転落・落下防止にベランダ手すりを取り付けました
東京都狛江市KY様


■■使用製品■■
文化シャッター ベランダ手すり


KY様邸ベランダ手すりリフォーム前1
施工前

KY様邸ベランダ手すりリフォーム後1
施工後


東京都狛江市のKY様邸において、2階ベランダの三方に縦格子手すりを新設取付けするリフォームをご注文頂きました。KY様邸はコンクリートRC造の建物で、2階に建物に取り囲まれるような中庭風のベランダがありますが、デッキ材の床からは高さにして30センチほどのパラペット(小壁や手摺壁のことを言います)があるだけで、手摺り格子などは何も付いておらず、転落・落下の危険をはらんでいました。

今回の主な目的は居住者様の転落・落下防止でしたが、手すりを取り付けることによって、例えば布団や毛布などの大きなものも干せるようになりますし、何も付いていないよりは、一定程度防犯性も高まります。木造物件の場合には、手摺り格子を後付けする時に補強を要することもありますが、今回のKY様邸はRC造なのでボルト類もがっちり利くため、特に補強は必要ありませんでした。ベランダ手摺りというと、樹脂、天然木、ステンレスもありますが、今回は文化シャッターのアルミ製手摺りを使用しました。

ベランダ手すりのデザインも多種多様で、最近の新築物件では透明感のあるマット調のパネルをはめ込んだタイプや、木目調の千本格子タイプ、カラーガラスをはめ込んだタイプ等々、スタイリッシュでお洒落なタイプもよく使用されています。今回KY様邸で使用した標準的な縦格子タイプは、標準的といえば標準的ですが、どのような外観の建物にも合う落ち着いたデザインです。

一戸建て物件だけでなく、マンションやアパートなどの集合住宅のベランダ手摺りの交換、リノベーションにも対応しておりますので、古くなって錆びで腐食してしまったスチール製手摺りの取替えや、アルミ縦格子からパネル式への取替え工事なども可能です。

KY様邸ベランダ手すりリフォーム前2
施工前

KY様邸ベランダ手すりリフォーム後2
施工後
カテゴリー: エクステリア
にほんブログ村 住まいブログへ
フェンス・門扉 > およその価格  施工の流れ  施工事例

両開きのアルミ門扉を最新式タイプに取替えました
東京都渋谷区S様


■■使用製品■■
リクシル ライシス門扉10型


東京都渋谷区のS様邸は木造2階建ての物件で、内装・外装とも大掛かりに手を加えてリノベーションを計画する中で、その一環として外構周りのフェンス工事、門扉工事等を弊社で担当させて頂くことになりました。もともと少し年代物の東洋エクステリア製の門扉が付いていましたが、デザイン的にもあまりオーナー様のお好みではなく、また錠前も旧式でセキュリティ面がご心配という理由もあって、同じメーカーの最新式のタイプの門扉に取替えさせて頂くこととなりました。

コンクリートの地面に埋め込まれている門柱も交換するとなると、コンクリートを掘って大きく穴をあけ(これをハツリといいます)門柱を撤去しなければなりません。今回はなるべくローコストで抑えたいというご意向もあり、門柱をそのまま生かせないかという点を検討しましたところ、幸い東洋エクステリア(リクシル)という同じメーカー製品による交換であったため、なんとか門柱を流用できることが分かって、門柱に付く蝶番、門扉本体、錠前までを取替えました。もともとの門扉はブラック、新しい門扉はシャイングレーと呼ばれるステンカラー色だったので、流用した門柱はあとからオーナー様が塗装をかけるという事でご了解を頂きました。最初は門扉自体の取替えも、DIYでオーナー様ご自身でやれないか?と尋ねれらましたが、蝶番の加工など専門的な技術が必要である点をご説明し、弊社にお任せ頂くことになりました。DIYももちろん良いのですが、あとあと何か不具合が起きてもいけませんので、専門的な技術が必要そうな作業はやはりプロにお任せ頂くほうが無難ですね。

S様邸ライシス門扉交換前
施工前

S様邸ライシス門扉交換後
施工後

カテゴリー: エクステリア
にほんブログ村 住まいブログへ
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ... || Next»
マンション管理組合様、マンションオーナー様へ
SSL グローバルサインのサイトシール
このサイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。

JNB-J振
JNB口座をお持ちのお客様は、こちらのロゴをクリックすることで簡単にお振込みいただけます。

Twitterを御利用のお客様は、こちらのロゴをクリックすることで簡単に記事を共有いただけます。

にほんブログ村 住まいブログへ